美甘麗茶

美甘麗茶の評判

投稿日:

アマチャってどんな成分?

美甘麗茶はノンカロリーだというのにちゃんと甘味があります。この甘みを出す成分が、日本で昔から親しまれてきた「アマチャ」の葉です。

このアマチャがよく植えられているのが、寺院の境内。というのも、毎年4月8日に行われる灌仏会(かんぶつえ。「花祭り」としても知られる。釈迦の生誕を祝う行事)に必ず使用されてきたからです。

乾燥させたアマチャの葉を煎じた「甘茶」が庭のお堂の水盤に満たされ、その中に据えられた仏像に甘茶を注ぐ、というのが信徒の行う儀礼となっています。

江戸時代からアマチャはこの儀礼に使われてきたのですが、薬効があると分かったのもその頃のこと。備えている効能は抗腫瘍、抗アレルギー、抗菌作用など。粉末、あるいはエキス末として服用されてきました。

「甘茶」を作るには、まず夏場に葉を採った上で水洗いします。その後2日間の日干しを経て、霧状の水をかけて1日発酵。葉をよく揉んで柔らかくし、さらに乾燥させます。この過程によって生葉にはなかった独特の甘みが生じ、飲むのに相応しい味わいが出るのです。

この甘みを生み出しているのはフィロズルチンという物質。その甘みは何と砂糖の800倍。明治以降に砂糖が普及するまで、甘味料の代表とされてきました。

美甘麗茶はこの甘茶成分を配合することにより、ノンカロリーでありながら甘さを感じさせる味を作り出しているのです。

なぜ美甘麗茶は通販専門なの?

美甘麗茶は口コミでも大好評を博しているダイエットティー。甘茶、キャンドルブッシュ、ルイボスが主成分で、ノンカロリーなのにしっかりと甘味があります。

ネットでも高評価が集まっているというのに、美甘麗茶は通販限定の商品。スーパーやドラッグストアなどの小売店では手に入りません。

なぜ美甘麗茶は、このような販売方法を取っているのでしょうか?

これまでの人気商品というのは、一部通販での取扱いもありますが、実店舗を中心として販売を行ってきました。その方が直に商品を手にとれるために買いやすくなり、それだけ売上もアップするからです。

ところが、品種・業種によってはそれが該当しないケースもあります。メーカー側としては絶えず経費を考えながら、売り方をアップする工夫を凝らしています。

実店舗での販売の場合、化粧品・医薬品は、メーカー → 小売店(薬局、ドラッグストア、大型バラエティーショップ、スーパー) → 購入者、という流通形式で商品が売られています。

この場合、メーカーだけが利益を得るわけではありません。商品を実際に販売する小売店も、売り上げから自分の取り分を受け取ります。つまりメーカー側は、500円の材料費がかかる商品なら、それ以上の値段、例えば1,000円で小売店に卸しますし、小売店の方もその卸値の商品に自分の利益を上乗せし(例えば500円なら1,500円)、消費者に提供するわけです。

つまり、お店が間に入ると、商品の値段にその利益分が上乗せされてしまいます。

しかもお店で小売りする場合は、実店舗としての諸経費(家賃、従業員の人件費、電気光熱費など)がどうしても必要となりますし、価格にその分も上乗せされることになります。こうなると小売店での売価が高くなるのも当たり前です。

実は、通販というのはこのデメリットを回避するものなのです。

この方法なら、メーカーから直接商品をお客さんに届けられますし、仲介となる実店舗の利益分や諸経費が価格に上乗せされません。よりリーズナブルに商品を手に入れられるという点で、購入者にとっても最高といえる流通形式なのです。

-美甘麗茶

Copyright© 『本当に効いた!美甘麗茶の口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.