美甘麗茶

美甘麗茶は楽天市場で購入できるの?

更新日:

美甘麗茶の配合成分・アマチャについて

美容にいい成分
美甘麗茶の配合成分のうち、甘みの元となっているのは、日本で古来から人々に親しまれてきた「アマチャ」の葉です。

このアマチャ、実は寺院の境内によく植えられています。なぜかというと、毎年4月8日に行われる灌仏会(かんぶつえ。釈迦の生誕を祝う行事。「花祭り」としても知られる)に欠かさず使われてきたからです。

庭のお堂の水盤に、乾燥したアマチャの葉を煎じた「甘茶」が満たされ、その中に据えられた仏像に各自が甘茶を注ぐ、というのが参拝者の行う儀礼となっています。

アマチャは江戸時代からこの儀礼に用いられているそうですが、薬効が発見されたのもその頃のこと。珍しく漢方の生薬には使われておらず、日本独自の民間薬です。

抗腫瘍、抗アレルギー、抗菌作用を備えていて、粉末、あるいはエキス末として用いられてきました。

アマチャの葉を「甘茶」にするには、まず夏場に葉を採り、水洗いします。その後2日ほど日干しにし、霧状の水をかけたあと、1日発酵。葉をよく揉んだあと、さらに乾燥させて完成です。この過程を経ることで、生葉にはなかった独特の甘みが生じます。

この甘みを生み出しているのは、明治時代に日本の薬学者が発見したフィロズルチンという物質。今のところ甘茶だけに含有される成分で、ほかの植物などからは見つかっていません。砂糖の800倍に及ぶ甘さがあり、砂糖が普及するまで甘味料の代表でした。

美甘麗茶はこの甘茶成分により、ノンカロリーでも甘さを感じる味を作り出しているのです。

美甘麗茶の成分・カワラケツメイ

成分をチェック成分をチェック
美甘麗茶には、カワラケツメイが成分として含まれています。

カワラケツメイは漢字で書くと「河原決明」。その名前の通り、河原に生えることの多い雑草です。日本では古くから乾燥したものをお茶として用い、地方によって様々に呼び名(ネム茶、キシ豆、浜茶、豆茶、弘法茶など)が変わるほど広く普及していました。

生薬としても知られ、脚気、鎮咳薬、腎炎、黄疸、偏頭痛、慢性便秘、夜盲症、インポテンツなどに効果があるとされています。

特にアトラキノン誘導体という含有成分は、便通を促す緩下・利尿作用があり、ダイエットに役立ちます。

またリパーゼインヒビターという成分には脂肪分の吸収を防ぐ働きがあり、肥満防止にもつながるのです。

楽天で美甘麗茶を売っているか?

美甘麗茶は楽天市場でも取扱いがあります。

サイト内検索をかけると30件近くがズラズラと並び、これだけでも人気を呼んでいることが分かります。

単品販売の場合、最も安いショップでは3,286円(税込3,548円)で売っています。

楽天ポイントを持っている人は「ここで買いたい」と思うかもしれませんが、実はもっとお得なのが公式サイトです。

公式サイトでは「初回限定お試し」という定期コースがあり、大幅なディスカウントを行っています(ディスカウント率はそのときによって異なります)。

「でも定期コースって、4回ほど続けないといけないのでは?」と用心する人もいるでしょう。確かにほかのサプリなどでは継続回数の「しばり」があるのが普通です。

ところが美甘麗茶の場合、いつでも解約オーケー。つまり初回の荷物が届いたら、すぐにキャンセルの申し込みができるのです。

気軽に申し込める定期コースをぜひ利用してみましょう。

美甘麗茶の口コミをチェックする

-美甘麗茶

Copyright© 『本当に効いた!美甘麗茶の口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.