未分類

美甘麗茶の正しい飲み方

投稿日:

美甘麗茶を飲むタイミング

「概日(がいじつ)リズム」という言葉を知っていますか?

宇宙のもの全てが守っている規則正しい周期のことです。

例えば、私たち人間の体の周期は、8時間サイクル。

下記のような感じです。

1.早朝4時からお昼の12時まで

老廃物や食物のカスなどの毒素を排泄する機能が最も盛んになります。

2.お昼の12時から夜の8時まで

食事をし、それを消化する機能が最も盛んになります。

3.夜の8時から早朝4時まで

食べ物の栄養を吸収する機能が最も盛んになります。

つまり栄養の吸収率は夜から深夜にかけての時間帯が良いわけです。

というわけで美甘麗茶は必ず就寝前に飲むようにしましょう。最も吸収効果が高まります。

そして寝る前に飲んだ方が良い理由がもうひとつあるんです。

人間には内臓の働きを調整する自律神経というものがあります。交感神経と副交感神経に分けられていて、交感神経は緊張しているとき優位になり、副交感神経はリラックスしている場合優位になります。

交感神経は朝起きた時から徐々に活発化。昼を頂点にして活動が弱まり、夕方になると副交感神経の方が活発化していきます。

日中は緊張、夕方から夜にかけてリラックスするというのは、その自律神経の働きからいっても自然なことです。

しかし夜更かしでスマホをいじったり、パソコンをしたりすると頭が興奮状態のままなので、交感神経が活動してしまい、昼間のようなテンションになります。そうなると、交感神経と副交感神経のサイクルが乱れてしまいます。この状態が続くと眠れたとしてもその質はとても悪くなり、体はリラックスできません。実は、これも太る原因のひとつとなります。

浅い眠りが続きますので、疲れは十分取れず、疲労を蓄積したまま次の朝を迎えるわけです。体がだるく、気持ちも前向きにはなれません。

もし体が疲れたとしても深い眠りで回復し、気分が軽やかであれば、外に出ようという意欲が出ます。自然とエレベーターなど避け、階段を昇り降りする気になったり、何かスポーツで体を動かそうという気になります。

つまり、何事に対しても前向きで、体も心も活動的になるわけです。

でも、連日疲れが残っていては体が重くなります。いつも眠気を感じ、運動しようという気力なども起こりません。元気に外に出ることよりも家に閉じこもることを選ぶので、体を動かす機会がなくなり、エネルギーが溜まっていきます。

どうでしょう? 眠りの質が巡り巡ってダイエットに影響することが分かりましたよね。

美甘麗茶はノンカフェインですから、就寝前に飲んだからといって目が冴えるなんてこともありません。

それどころか、逆にリラックス効果が期待できるのです。

美甘麗茶の主成分は御存知の通り「甘茶」です。実はこの甘茶には精神をリラックスさせる強い効能があります。

というわけで、深い眠りによってその質が向上し、やがては痩せることにつながる、というわけです。

だから、「美甘麗茶は就寝前に飲む」。

これがベストな飲み方と断言できます。

ダイエットを考えている方は、是非実行してみて下さい。

美甘麗茶のアレンジ

もし美甘麗茶の味が飽きてきた場合は、色々とアレンジして飲んでみましょう。

冬場など体を温めるのに1番おすすめしたいのが、ジンジャーティー。

すった生姜をホットの美甘麗茶に入れれば、すぐにいただけます。

美甘麗茶はもともと甘みが強いため、ジンジャーととても合います。

また、オレンジティーもイケます。美甘麗茶を冷たくし、オレンジジュースを少し注げばオーケー。

レモンを入れてもおいしいかもしれません。

こうやって色々とアレンジしていけば、飽きることなく飲み続けられます。

-未分類

Copyright© 『本当に効いた!美甘麗茶の口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.